スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
まさかの魔坂
2008 / 08 / 10 ( Sun )
あれは8月3日の話

都内のある村の祖父達が所有している土地へ遊びに行った
(ややこしい)

行きは車にリタノフを乗せてもらって
帰りは爽快ダウンヒルを楽しむ

素晴らしいインチキ計画


まあ、重いギアで無理して登山して
膝でも壊したら大変だしね☆





さて、目的地についた
IMG_2311.jpg
(目的地から撮った山々。ねいちゃーえくせれんと)

祖父はベランダ作り
伯父は草刈

俺やることなし(´A`)


と、とりあえずリタノフに跨って散歩してみる

上を見ると激坂
下を見るとこちらも激坂

どうしようもないので目の前の平地で散歩
同じ所を行ったり来たり


そんなこんなで5km走った(´A`)


おや?
今何やら”カチンッ”という
いかにもビンディングペダル風の音がしたぞ?
まさか

探してみると1人のローディが休んでいた

ここを上ってきた・・・のか・・・?


(こいつ!できる!!)


そう思ってしまった(無礼申し訳ないです)


ここまで自分の足で上がってきたのかぁ
すげぇよすげぇよ
俺なんか・・・ゥゥ

そのできるローディはカチン、とシューズをはめなおして
また激坂を登ってゆく

その先に・・・何があるのだろう・・。

ちょっと、うん。ちょっとだけ見に行こう
見たらすぐ帰ってこよう



むぅ?
IMG_2306.jpg
ふうちょうりんどう??

読めない。でもこの文字列見たことあるような・・・違うような・・・

(ちなみに祖父に正しい読み方を教えてもらったけど、忘れました(゜∀゜)
確かカザハリミチとかって言ってたっけ・・・わかりません。)




いや、これやっぱりどっかで聞いたことあるような

ちょっと上ってみ・・・る?


なんか勾配キツイんですけど
てか今日ヒルクライム気分じゃないんですけど
いやホントキツイんですけど?キツインデスケド


ひーこら言いながら心拍数200%で上っていく

しかし



クランクwwがwwww回らないwwww


インナーロー全開でも全然回らない
回らないから無理して回す
上がり始めて5分、腰が痛くなってくる。


オヨヨヨ、どうするどうするwww

引き返す?
バカヤロゥwwここまで来て帰るなんてwwww

なら休む?
バカヤロゥww今までどんな坂でも休まず上ってきたんだwwww
ここで休むわけにはwwww



しばしの休憩。



(´∀`)



はっきり言って休むしかなかった
心臓は異常にバクバク
汗も異常にダラダラ
呼吸も大変なことになっていた


さて、出発だ


坂がキツすぎてシューズはめようとするとバランス崩すwww

困った。笑えるくらいに困った


坂に対して斜めに走り、なんとか問題解決
なんという坂だ
本当、魔坂だ魔坂


その後、休憩を2回入れる



暑いwww標高高いのに暑いwwww
太陽頑張るなwwww

水www水を飲もうwwww
あれ・・?


そういえばすぐ帰るつもりだったから
ボトル持ってきてなかったんだ・・・


ここにきて命の危険。


仕方ないので上ります。(もはや意味不明)




途中の休憩地点で撮った写真
IMG_2307.jpg
どうです?そそられますでしょ?
そうでしょうそうでしょう。奥さんも一度どうぞ(ニヤニヤ・・・


このヘアピンカーブを曲がればおしまいか?
オヨ・・・違う

まさかこれで終わりか?
また違う・・・

これ?これ?これ?これか!?

曲がっても曲がっても終わらない坂


途中で軽快にダウンヒルをしているローディが・・・
さっきの人かな

乗っているバイクは音を聞く限り相当高そう

こっちは3万のウルトラギア比バイク
不満なんかないぜ・・・あぁ、俺はこいつに跨って頑張るのさ


すれ違うが息があがりすぎて挨拶ができない
相手も異常な程の汗を噴出している私に恐れをなしたか声をかけてこない


ギーコーギーコー上っていく・・・
低ギア比ならヌルヌル上れるんだろうな・・・ふぅ


4回目の休憩

もうそろそろ終わりが近づいている気がする・・・

体力はもう既に終わりを告げている


ここで帰るわけにはいかない

自分の性格が恨めしい
なんでこんなに負けず嫌いなんだ・・・
ヒルクライムは休憩した時点で負けなのに・・・
何故諦めずに上ろうと頑張るのだ・・・


そんなことを思いつつナメクジより遅い速度で上っていく
何度かサイコンが0km/hを示す


お前遅すぎなんだよwww何キロ出てるか計れねぇよカスwwwwww


と、サイコンちゃんも文句を言ってくるが
そんなの気にせず上っていく
せめてサイコンに速度を表示させる速さで


あ、道になんか書いてある

白で300と書いてある


これもどこかで見たぞ
誰かが頂上までの距離を書いたんだっけ?

300ってことは300mか?

あとちょっとだ!とアタックをかけて即死するのか
ナメクジのようにヌルヌル上って命乞いをするのか

悩む

とりあえず100m地点まで行ったら考えよう


200m・・・

100m・・・




よし、あと100mだ。休憩しよう(゜∀゜)
IMG_2308.jpg

アタックをかけることも上ることも諦め
あっけなく休憩

負けず嫌いの馬鹿がヒルクライムで休むなんて・・・
やはり相当な坂みたいだ。

(ヘタレなだけ?あーキコエナイキコエナイ)



しかしかれこれ休むのも6回目だな

今回は6-0で俺の完敗か・・・orz


ちなみに勝利条件は休憩0回で1-0で勝利
更に自分が思ったタイムより早いタイムで登れたら完勝です。
点数は各自勝手に付けてください


IMG_2309.jpg
頂上。。。
今日はダウンヒルだけの予定だったから緩い服装で来てしまった・・・
てかジャージ欲しいよジャージ

一応タイムとかを計ってみたんですけど
ちょっとあやふやです

走行時間 約23分
走行距離 約3km
平均速度 7.2km/h


はてさてお待ちかねダウンヒルでございます
大垂水なんか比べ物にならない急斜面
意外と恐怖心が沸かなかった

もしかして俺ってダウンヒラー?

まぁライン取りの自信はないけどねー(駄目ジャン)

(ヒルクライムはヒルクライマー、ダウンヒルはダウンヒラーというみたいです。やすべぇさん情報
言われてみれば納得。しかしダウンヒリストとか思ってた俺って・・・)


とにかくどのカーブも急
落ちたらご愁傷様なので安全第一で下る
緩く感じる直線でも漕がずに40km/h以上出る
カーブはフルブレーキで安全にこなす


石を2度踏み、カキーンとリムを打ち
それでも爽快にダウンヒル
(よくパンクしなかったな・・・)



あれ?お、終わり?

まさに30秒の出来事だった。

本当はどうだったかわからないが
本当に30秒と感じるくらい短いDHだった

しかし今までで一番爽快なDHだったと思う


祖父のところへ戻り休憩

脱水症状寸前時のコーラは死ぬほど美味い
ついでにスポーツ飲料もガブガブっと


帰宅時間

風張林道でお腹一杯だがとりあえず予定通りダウンヒル


しかしまぁダウンヒルっていうのは幾らやっても飽きない
あ、でも緩い傾斜は嫌いだけど・・・疲れるから//// Σ(´A`;


傾斜が緩くなる辺りで回収してもらう予定だったが
凄い渋滞に遭遇してしまったので
電話で祖父に適当に帰るわーと伝え適当に帰ることに


トンネルを二つ潜り
1つの峠を越え
星の数ほどのアップダウンをこなし
またトンネルを一つ潜り
甲州街道に入り
ユルユルと祖父宅へ帰還

祖父は渋滞を避け、裏道を通ったらいし
先に着いていた


魔坂に荒い歓迎を受けた後の帰途は
それはそれは地獄だった


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ応援ポチ、お願いします
18:31:40 | ロードとか | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

<<迷子の迷子の子猫ちゃん | ホーム | 自転車芸人を舐めていた、すんません>>

コメント

----

ダウンヒルの得意な選手のことはおそらく「ダウンヒラー」って言うんじゃないかな?

職業名の英単語ってほとんど語尾にerがつくからこれでいいはず!
by: やすべぇ * 2008/08/10 18:41 * URL [ 編集] | page top↑

----

>やすべぇさん
情報ありがとうです><
言われてみれば納得でしたが
ダウンヒラーとは思いつきませんでした

てかダウンヒリストって・・・orz
恥ずかしい限りです
by: Jun * 2008/08/11 03:14 * URL [ 編集] | page top↑

--かざはりりんどう--

……と読むのが正しいと思うのですが、実は僕も適当です。
つか、ここは奥多摩地区のラスボスみたいなところです。
途中休憩を挟んだとはいえ、ずっとサドルにまたがってここを登りきったことは、十分敬服に値するよ。
お疲れ様でした。

ここを制覇しちまえば、他の坂道なんか全部平地に見える……はず?
by: はまちょ * 2008/08/11 19:11 * URL [ 編集] | page top↑

----

>はまちょさん
こんばんは
コメントありがとうございます~

祖父にも確認したら
かざはりりんどう
って言っていたので恐らくあってると思います

でも普通のローディの方だったら
下から上った上でココに挑戦すると思うので
やっぱり自分は敵いません
てか確かはまちょさんはここプラス3つ峠を越えてらっしゃったような・・・
なんだか自分の無力さに泣けてきます

流石に他の坂が平地に見えることはありませんが(笑)
あの坂は壁に見えました。。。
隣は崖、崖に落ちなくても下手したらリタノフごとズルズル滑っていってしまう・・・
なんて恐怖にかられていました(笑)
by: Jun * 2008/08/12 23:24 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jun08roady.blog116.fc2.com/tb.php/49-28754b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。